プラセンタとコラーゲンは、作り方でも大きな違いがある?

プラセンタもコラーゲンも、サプリを作る際には、成分をそのまま取り出している訳ではありません。

まず、プラセンタは、漢方では「紫河車(しかしゃ)」と言って、人や動物の胎盤を天日干しにして作るのです。一方、コラーゲンは、「阿膠(あきょう)」と言って、ロバのニカワを煮詰めて作るのです。どちらも漢方の世界で存在すると言う点も驚きなのですが、作り方が全く違うのです。 特にプラセンタの方は、生成方法によっても濃度によっても、栄養バランスや効果などが変わってきてしまいます。商品の成分表示をチェックして、慎重に商品を選らばなければいけませんね。

プラセンタコラーゲン class=

ヒアルロン酸は、粉末を薄めたもの?

プラセンタとコラーゲンでも、作り方が全然違うのですが、ヒアルロン酸も作り方が異なるのです。

ヒアルロン酸の場合は、粉末を薄めたものなので、成分を100%使用しているように見えて、実際には、かなり濃度が薄まってしまっているものがほとんどです。このように考えると、高品質のサプリさえ選ぶことが出来れば、プラセンタを飲む方が効率が良いですよね。 プラセンタには、コラーゲンの生成を促す効果、ヒアルロン酸の発揮する保湿効果も揃っているのです。

ヒアルロン酸粉末

プラセンタは、厚生労働省でも医薬品として認められている有効成分

プラセンタは、単なる化粧品の成分だと思っていませんか。

実は、この成分は、厚生労働省で医薬品として認められている有効成分なのです。その証拠に、クリニックでは、美容のための治療として、プラセンタ注射を行っているところもあります。プラセンタは、コラーゲンやヒアルロン酸などのように、1種類の成分を取り入れるのとは全然違うのです。 ビタミン、ミネラルや必須アミノ酸、核酸などの様々な成分が含まれています。精子と卵子と言う2つの細胞から赤ちゃんの体を作っていく訳なので、私たちの体に良い成分が含まれていることには間違いありません。

プラセンタ医薬品

プラセンタは、サプリで摂取すると、簡単でリスクが少ない?

健康増進、アンチエイジング、美肌などの体に良い色々な効果が期待できるとは言っても、プラセンタ注射は勇気が要りますよね。

「医療の世界で行われる注射だと、刺激が強いのだろうな。」と心配になる方は多いでしょう。しかも、効果が一時的なので、何度かクリニックに通う必要が出てきて、費用もかかるのです。体内にプラセンタを取り入れる方法で、費用が安くリスクが少ない方法としては、サプリがお勧めです。 サプリは、健康補助食品としての位置づけなので、注射に比べると、比較的副作用は少ない方です。

プラセンタリスク
プラセンタEX

最高級プラセンタサプリ【母の滴プラセンタEX】

高純度プラセンタがとてもお得な価格で利用できます。 1日わずか166円!純度100%の馬サプリで即効性も抜群。 3ヶ月の全額返金制度もついているのでまずはトライ!

詳細
先頭へ戻る